アキレスシューズコム Shoes.com
あなた好みにぴったりな靴が見つかるアキレスシューズコム
閉じる
ぴったりシューズ検索
  • ブランド
    選択する
  • カテゴリー
    選択する
    {{ categorySin }}
  • シーン
    選択する
    {{ sceneSin }}
  • サイズ
    {{size}}
  • 足幅・足囲
    {{wide}}
  • カラー
    選択する
    {{ colorSin }}
  • 機能
    候補なし
    {{ funcSin }}
  • 価格帯
条件のクリア
サイズ
< 戻る
足幅・足囲
< 戻る
カラー
< 戻る
決定
ブランド
< 戻る
決定
カテゴリー
< 戻る
決定
シーン
< 戻る
決定
機能
< 戻る
決定

FAQよくある質問

製品について サイズの選び方、
履き方、歩き方
お取り扱いに
ついて
購入について よくある
お問い合わせ
Q.シューズが濡れてしまいました。どのようにお手入れしたら良いですか。
A.
  • ・乾いた布などをあて、軽く水分を吸い取ってください。
  • ・形を整えてから風通しの良い日陰で乾かしてください。
  • ・汚れてしまった場合は素材にあったお手入れ方法で仕上げてください。
Q.普段のお手入れはどのようにどうしたら良いですか。
A.

●甲が表革(銀付き天然皮革)の場合

  • ・柔らかいブラシで汚れやホコリ、砂などをきれいに取り除いてください。
  • ・布にクリーナーを付け、革の汚れ、古いクリーム等を落としてください。
    ベンジン、シンナー等は革を傷めやすいので使わないでください。
  • ・次に靴クリームを薄くムラなく塗ります。
    色は同じか、やや薄目、または無色のものを使用してください。
  • ・ブラシはクリームを付けた所から先にかけ、きれいな布を用いて仕上げ拭きをしてください。
    ※靴クリームはメーカーにより磨き方、仕上げ方が異なる場合がございますのであらかじめご確認ください。
  • ・細かいパンチング(細かい穴あきデザイン)のお手入れ方法については上記同様のお手入れで良いですが、靴クリームを塗布する場合は、パンチングの穴に靴クリームが入らないように先に塗布用の布に靴クリームを付け、よく馴染ませてから塗布してください。

●甲が起毛天然及び合成皮革(ヌバック・ベロアタイプ)の場合

  • ・こしのある毛ブラシや、ナイロンブラシで毛を起こすようにていねいに繊維の中の汚れやホコリを取り除き毛足を整えてください。
  • ・金属製のブラシは革を傷めますので使用しないでください。

●甲が合成皮革(表革タイプ)の場合

  • ・柔らかい布で水拭きし、汚れを落としてください。
  • ・靴クリーム等の保革油を用いる必要はありません。
  • ・汚れのひどい場合は中性洗剤をつけた柔らかい布で汚れを落とし、洗剤はきれいに拭き取ってください。
  • ・乾燥は形を整えてから、直射日光や高温での乾燥は避けて風通しの良い、日陰で乾かしてください。

●甲が布、合成繊維製甲被の場合

  • ・シューズは水に浸けてよく湿らせてから、一般洗濯石けんもしくは中性洗剤をご使用の上軽く洗ってください。
    漂白剤や漂白性の強い洗剤は使用しないでください。
  • ・特に汚れのひどい部分は、繰り返し洗い、すすぎを念入りに行ってください。
    洗剤や水分が残ると変色の原因になります。
  • ・乾燥は形を整えてから、直射日光や高温での乾燥は避けて風通しの良い、日陰で乾かしてください。

●ラメ付き、メッキ飾り、レース生地、スウェット生地のお手入れ方法。

  • ・ラメ、メッキの剥がれ防止、生地を傷めないために柔らかいブラシか布を使用し、強くこすらないでください。
  • ・その他は『甲が合成皮革』、もしくは『甲が布、合成繊維製甲被』の場合のお手入れ方法をご参照ください。

●「丸洗いできる」の表示がある商品

  • ・洗濯機による洗いも可能です。
    ※乾燥機のご使用はお避けください。高温状態により靴が変形するおそれがございます。

●撥水スプレーについてのご注意

  • ・撥水スプレーは素材や用途にあったものをご使用ください。
  • ・靴用であってもメーカーにより成分は様々であるため「撥水スプレー」の注意表示に従ってご使用ください。
  • ・全体に噴射する前に、目立たない箇所でお試しになってください。
  • ・適度な距離をおいて噴射してください。距離が近い場合はムラになることがございます。
Q.シューズは劣化しますか。寿命はありますか。
A.

使用している素材や接着剤は、時間の経過と共に劣化いたします。
劣化の進み方はご使用状況や、保管状況により変わりますが、ご着用前に確認し、異常や不具合のある場合はシューズのご使用をお避けください。

※ポリウレタン素材は特性上、長期保管すると、ご使用の度合いにかかわらず劣化を生じ破損する場合がございます。この現象を「加水分解」と言い、空気中の水分などが劣化の原因として挙げられます。

メニュー
ブランド一覧
取扱店舗
ウェブショップ